*

「コードオブザデュエリスト」収録カード一覧・パック情報まとめ!

「コードオブザデュエリスト」の収録カード一覧をまとめるページです。

コード・オブ・ザ・デュエリスト

◆ 予約・購入はこちら

コードオブ・デュエリスト(Amazon)

コードオブ・デュエリスト(駿河屋)

コードオブ・デュエリスト(楽天市場)

 

2017年4月15日に、「コード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF THE DUELIST))」が発売されるようです。

「コードオブザデュエリスト」では、アニメ「遊戯王VRAINS(ブレインズ)」に合わせて『リンク召喚』を中心としたカードが収録されます。

新規カテゴリとしては、「トワイライトロード」「剛鬼(ごうき)」「トリックスター」「星杯(せいはい)」が登場します。

既存カテゴリとしては、「DD」「覇王」「暗黒界」が追加収録されます。

このページでは、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録される全カードを一覧としてまとめていきます。

レアリティ封入率もまとめています。もちろん、画像・効果つきです。

情報が入り次第随時更新していきます。

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の初動価格・当たりカード・買取価格はこちらにまとめています。

「コードオブザデュエリスト」初動相場ランキング!当たりはどのカード!?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」買取価格まとめ!いくらで売れる?

 

もくじ

 

SPONCERD LINK

 

「コードオブザデュエリスト」全収録カード一覧(随時更新)

「コードオブザデュエリスト」全収録カード一覧です。

収録カードを紹介したのち、各レアリティ封入率を紹介します。

 

【収録カード一覧】

  • COTD-JP001《サイバース・ウィザード》スーパーレア
  • COTD-JP002《バックアップ・セクレタリー》
  • COTD-JP003《スタック・リバイバー》
  • COTD-JP004《ランチャー・コマンダー》
  • COTD-JP005《サルベージェント・ドライバー》スーパーレア
  • COTD-JP006《トリックスター・リリーベル》
  • COTD-JP007《トリックスター・マンジュシカ》
  • COTD-JP008《トリックスター・キャンディナ》字レア
  • COTD-JP009《剛鬼ツイストコブラ》
  • COTD-JP010《剛鬼スープレックス》
  • COTD-JP011《剛鬼ライジングスコーピオ》字レア
  • COTD-JP012《ハックワーム》
  • COTD-JP013《ジャック・ワイバーン》
  • COTD-JP014《クラッキング・ドラゴン》スーパーレア
  • COTD-JP015《覇王眷竜オッドアイズ》字レア
  • COTD-JP016《捕食植物パンクシアオーガ》
  • COTD-JP017《DDヴァイス・テュポーン》
  • COTD-JP018《星杯を戴く巫女》
  • COTD-JP019《星杯に選ばれし者》
  • COTD-JP020《星杯に誘われし者》
  • COTD-JP021《星杯の守護竜》
  • COTD-JP022《星杯の妖精リース》字レア
  • COTD-JP023《星遺物-『星杯』》字レア
  • COTD-JP024《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》
  • COTD-JP025《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》
  • COTD-JP026《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》スーパーレア
  • COTD-JP027《トワイライトロード・ファイター ライコウ》
  • COTD-JP028《戒めの龍》ウルトラレア
  • COTD-JP029《レスキューフェレット》字レア
  • COTD-JP030《ランカの蟲惑魔》
  • COTD-JP031《切れぎみ隊長》字レア
  • COTD-JP032《トレジャー・パンダー》
  • COTD-JP033《ゾンビーナ》
  • COTD-JP034《Re:EX》
  • COTD-JP035《影星軌道兵器ハイドランダー》
  • COTD-JP036《雷仙神》ノーマルレア
  • COTD-JP037《パーリィナイツ》ノーマルレア
  • COTD-JP038《覇王眷竜スターヴヴェノム》字レア
  • COTD-JP039《覇王眷竜クリアウィング》字レア
  • COTD-JP040《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》字レア
  • COTD-JP041《覇王眷竜ダークリベリオン》字レア
  • COTD-JP042《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》スーパーレア
  • COTD-JP043《ファイアウォール・ドラゴン》ウルトラレア
  • COTD-JP044《トリックスター・ホーリーエンジェル》ウルトラレア
  • COTD-JP045《剛鬼ザ・グレート・オーガ》ウルトラレア
  • COTD-JP046《トポロジック・ボマー・ドラゴン》ウルトラレア
  • COTD-JP047《星杯竜イムデューク》
  • COTD-JP048《星杯神楽イヴ》字レア
  • COTD-JP049《星杯剣士アウラム》スーパーレア
  • COTD-JP050《星杯戦士ニンギルス》ウルトラレア
  • COTD-JP051《電影の騎士ガイアセイバー》スーパーレア
  • COTD-JP052《ミセス・レディエント》字レア
  • COTD-JP053《トリックスター・ライトステージ》
  • COTD-JP054《剛鬼再戦》
  • COTD-JP055《エアークラック・ストーム》
  • COTD-JP056《スマイル・ユニバース》
  • COTD-JP057《星遺物との邂逅》
  • COTD-JP058《星遺物の加護》
  • COTD-JP059《闇の進軍》字レア
  • COTD-JP060《黄昏の双龍》
  • COTD-JP061《緊急救急救命レスキュー》字レア
  • COTD-JP062《ルドラの魔導書》スーパーレア
  • COTD-JP063《鈍重》
  • COTD-JP064《ブーギートラップ》字レア
  • COTD-JP065《キャッスル・リンク》スーパーレア
  • COTD-JP066《ディフェンスゾーン》ノーマルレア
  • COTD-JP067《スリーストライク・バリア》
  • COTD-JP068《トリックスター・リンカーネイション》
  • COTD-JP069《パルス・ボム》
  • COTD-JP070《覇王の逆鱗》
  • COTD-JP071《星遺物の導き》
  • COTD-JP072《トワイライト・イレイザー》
  • COTD-JP073《黄昏の交衣》
  • COTD-JP074《暗黒界の洗脳》
  • COTD-JP075《絶縁の落とし穴》スーパーレア
  • COTD-JP076《砂塵の大嵐》字レア
  • COTD-JP077《戦線復帰》
  • COTD-JP078《無償交換》字レア
  • COTD-JP079《無差別崩壊》
  • COTD-JP080《変則ギア》ノーマルレア

 

【レアリティ】

◆ ウルトラレア(6/6種)

  • 《戒めの龍》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》
  • 《剛鬼ザ・グレート・オーガ》
  • 《トリックスター・ホーリーエンジェル》
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
  • 《星杯戦士ニンギルス》

◆ スーパーレア(10/10種)

  • 《サイバース・ウィザード》
  • 《サルベージェント・ドライバー》
  • 《クラッキング・ドラゴン》
  • 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
  • 《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》
  • 《星杯剣士アウラム》
  • 《電影の騎士ガイアセイバー》
  • 《ルドラの魔導書》
  • 《キャッスル・リンク》
  • 《絶縁の落とし穴》

◆ 字レア(18/ 18種)

  • 《トリックスター・キャンディナ》
  • 《剛鬼ライジングスコーピオ》
  • 《覇王眷竜オッドアイズ》
  • 《星杯の妖精リース》
  • 《星遺物-『星杯』》
  • 《レスキューフェレット》
  • 《切れぎみ隊長》
  • 《覇王眷竜スターヴヴェノム》
  • 《覇王眷竜クリアウィング》
  • 《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》
  • 《覇王眷竜ダークリベリオン》
  • 《星杯神楽イヴ》
  • 《ミセス・レディエント》
  • 《闇の進軍》
  • 《緊急救急救命レスキュー》
  • 《ブーギートラップ》
  • 《砂塵の大嵐》
  • 《無償交換》

◆ ノーマルレア(4/4種)

  • 《雷仙神》
  • 《パーリィナイツ》
  • 《ディフェンスゾーン》
  • 《変則ギア》

 

【封入率】(30パック)

  • シークレットレア:1枚
  • レリーフレア:1枚
  • ウルトラレア:3枚
  • スーパーレア:6枚
  • 字レア:25枚
  • ノーマルレア:1-2枚

(9期の傾向)

 

「コードオブザデュエリスト」とは

コード・オブ・ザ・デュエリスト 商品情報

「CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)商品概要
2017年4月15日 遊戯王OCG発売
全80種
ウルトラレアカード:6種
スーパーレアカード :10種
レアカード:18種
ノーマルカード: 46種
1パック5枚入り 143円(税抜)
第10期 第1弾・2017年3月発売の「STARTER DECK 2017」と連動した内容
・初心者・アニメファン向けのカードと既存プレイヤー向けのカードをそれぞれをバランスよく収録
・引き続き、スーパー・ウルトラレア仕様のパラレルとして、シークレットレア仕様も収録

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」のおすすめの当たりカード・デッキテーマはこちらで解説しています。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」は買うべき?おすすめ当たりカード・テーマ紹介!

 

どんなカードが収録される?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」にはどの様なカードが収録されるのでしょうか。

まず、「スターターデッキ2017」に続き、様々な「リンクモンスター」が収録されます。

「リンクモンスター」まとめました!

 

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の主人公「藤木遊作」のカードが収録されます。

リンクモンスター《ファイアウォール・ドラゴン》も登場します。

遊戯王VRAINS 主人公カード

 

遊戯王VRAINSのカリスマデュエリスト「鬼塚 豪(おにづか ごう)」の「剛鬼(ごうき)」、「財前 葵(ざいぜん あおい)」の「トリックスター」のカードも登場します。

剛鬼 トリックスター

『剛鬼(ごうき)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

そして、新種族「サイバース族」や、「リンクモンスター」に関連したカードも多数収録されています。

サイバース族

「サイバース族」カードまとめて解説・考察しました!

 

新シリーズとしては、「ライトロード」が闇属性になった「トワイライトロード」が新登場します。

トワイライトロード

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

既存テーマとしては、遊戯王ARC-V(アークファイブ)の「赤羽零児」が使用する「DD」の新規カードが登場します。

DD

 

OCGオリジナルテーマとして、「星杯(せいはい)」も登場します。

星杯(せいはい)カード

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

CM内容

 

収録カードの画像・効果と解説

[01]《サイバース・ウィザード》

《サイバース・ウィザード》
レベル4/光属性/ サイバース族/ ATK 1800/ DEF 800
①:1ターンに1度、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。この効果で守備表示にしたターン、自分のモンスターは対象のモンスターしか攻撃できず、自分のサイバース族モンスターが対象の守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

《サイバース・ウィザード》は、レベル4のサイバース族モンスターです。

攻撃力も1800とそこそこ高く、守備貫通能力を持つサイバース族下級モンスターです。

《サイバース・ウィザード》新規判明!レベル4サイバース族!

 

[02]《バックアップ・セクレタリー》

《バックアップ・セクレタリー》
効果モンスター
レベル3/光属性/サイバース族/効果/ATK 1200/DEF 800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚出来る。

《バックアップ・セクレタリー》は、レベル3サイバース族モンスターです。

自分フィールドにサイバース族が存在する場合、手札から特殊召喚できます。

汎用性の高いサイバース族モンスターです。

 

[03]《スタック・リバイバー》

《スタック・リバイバー》
効果モンスター
レベル2/闇属性/サイバース族/効果/ATK 100/DEF 600/
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードを素材としてリンク召喚した場合、このカード以外の自分の墓地のそのリンク召喚の素材としたレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動出来る。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《スタック・リバイバー》は、レベル2サイバース族モンスターです。

リンク素材になった時、リンク素材にしたレベル4以下のサイバース族を特殊召喚する効果を持ちます。

デュエル中に1度しか使用できませんが、連続リンク召喚に使えそうなサイバース族です。

 

[04]《ランチャー・コマンダー》

《ランチャー・コマンダー》
星4 地属性 サイバース族 ATK 1700/DEF 1200
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

《ランチャー・コマンダー》は、レベル4のサイバース族モンスターです。

サイバース族をリリースすることで、相手モンスターを破壊する効果を持ちます。

「サイバース族」カードまとめて解説・考察しました!

 

[05]《サルベージェント・ドライバー》

《サルベージェント・ドライバー
星6 光属性 サイバース族 ATK 2200/DEF 2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのサイバース族リンクモンスターが相手によって破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):手札から魔法カード1枚を捨て、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

《サルベージェント・ドライバー》は、レベル6のサイバース族モンスターです。

手札の魔法カードを捨て、墓地のサイバース族を蘇生する効果を持ちます。

「サイバース族」カードまとめて解説・考察しました!

 

[06]《トリックスター・リリーベル》

《トリックスター・リリーベル》
効果モンスター
レベル2/光属性/天使族/ATK 800/DEF 2000/
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用出来ない。
①:このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードは直接攻撃できる。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《トリックスター・リリーベル》は、レベル2「トリックスター」モンスターです。

ドロー以外の方法で手札に加わった時、手札から特殊召喚することができます。

《トリックスター・キャンディナ》《トリックスター・ライトロステージ》の効果を使えば、容易にサーチ・特殊召喚が可能です。

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[07]《トリックスター・マンジュシカ》

《トリックスター・マンジュシカ》
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守1200
(1):手札のこのカードを相手に見せ、「トリックスター・マンジュシカ」以外の自分フィールドの「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[08]《トリックスター・キャンディナ》

《トリックスター・キャンディナ》
星4 光属性 天使族 ATK 1800/DEF 400
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は魔法・罠カードを発動する度に相手に200ダメージを与える。

《トリックスター・キャンディナ》は、レベル4「トリックスター」モンスターです。

召喚時「トリックスター」カードをサーチでき、相手が魔法・罠を発動する度に200ダメージを与えます。

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[09]《剛鬼ツイストコブラ》

《剛鬼ツイストコブラ》
星3 地属性 戦士族 ATK 1600/DEF 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体をリリースし、自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼ツイストコブラ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

《剛鬼ツイストコブラ》は、レベル3「剛鬼」モンスターです。

「剛鬼」をリリースすることで、「剛鬼」1体の攻撃力をあげる効果を持ちます。

『剛鬼(ごうき)』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[10]《剛鬼スープレックス》

《剛鬼スープレックス》
星4 地属性 戦士族 ATK 1800/DEF 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札から「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼スープレックス」以外の「剛鬼」カードを手札に加える。

《剛鬼スープレックス》は、レベル4「剛鬼」モンスターです。

召喚成功時、手札の「剛鬼」を特殊召喚できます。

『剛鬼(ごうき)』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[11]《剛鬼ライジングスコーピオ》

《剛鬼ライジングスコーピオ》
効果モンスター
レベル5/地属性/戦士族/ATK 2300/DEF 0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターが存在しない場合、または「剛鬼」モンスターのみの場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動出来る。デッキから「剛鬼ライジングスコーピオ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

《剛鬼ライジングスコーピオ》は、レベル5「剛鬼」モンスターです。

リリースなしで召喚できますが、条件が限られますので少し使いづらそうな「剛鬼」です。

『剛鬼(ごうき)』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[12]《ハックワーム》

《ハック・ワーム》
闇属性/ レベル1/ 機械族/ 効果/ ATK 400/ DEF 0
①:相手フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

 

[13]《ジャック・ワイバーン》

《ジャック・ワイバーン》
闇属性/ レベル4/ 機械族/ 効果/ ATK1800/ DEF 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族モンスター1体とこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚できる。

 

[14]《クラッキング・ドラゴン》

《クラッキング・ドラゴン》
闇属性/ レベル8/ 機械族/ 効果/ ATK 3000/ DEF 0
①:このカードは、このカードのレベル以下のレベルを持つモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、相手がモンスター1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時までそのレベルx200ダウンし、ダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。

《クラッキング・ドラゴン》は、闇属性・レベル8・機械族モンスターです。

相手がモンスターを召喚・特殊召喚するたびに、そのモンスターの攻撃力をレベルx200下げ、その数値分ダメージを与える効果を持ちます。

バーンダメージ効果はターン制限がありませんので、フィールドに残しておけば相手は展開が難しくなります。

ただ、このモンスターをどのようにフィールドに出すかが鍵となりそうです。

 

[15]《覇王眷竜オッドアイズ》

《覇王眷龍オッドアイズ》
ペンデュラム 星8 闇属性 ドラゴン族 ATK 2500/DEF 2000
【Pスケール:青4/赤4】
(1):自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分・相手のバトルフェイズにこのカードをリリースして発動できる。自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「覇王眷竜オッドアイズ」以外の「覇王眷竜」モンスターまたは「覇王門」モンスターを合計2枚まで選んで守備表示で特殊召喚する。

 

[16]《捕食植物パンクシアオーガ》

《捕食植物バンクシアオーガ》
チューナー 星6 闇属性 植物族
ATK 2000/DEF 100
(1):このカードは相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースした場合に手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。相手フィールドの表側表示モンスター全てに捕食カウンターを1つずつ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。

 

[17]《DDヴァイス・テュポーン》

《DDヴァイス・テュポーン》
レベル7/ 闇属性/ 悪魔族/ ATK 2300/ DEF 2800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースして発動できる。デッキからレベル7の「DDD」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズに発動できる。レベル7以上の「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

《DDヴァイス・テュポーン》は、レベル7「DD」モンスターです。

召喚成功時、「DD」をリリースすることで、レベル7の「DDD」をリクルートできます。

また、墓地に送られたターンのエンドフェイズ、自身を含むモンスターを除外し、レベル7以上の「DDD」融合モンスターが融合召喚できます。

 

[18]《星杯を戴く巫女》

《星杯を戴く巫女》
通常モンスター
水属性/ 星2/ 魔法使い族/ ATK 0/ DEF 2100
星神に鎮魂の祈りを捧げる巫女。手にした杖は代々受け継がれし祭器であり、力を結界に変えて機界騎士による支配から森の民を守護している。森の守護竜が懐く程の神通力をその身に秘めているが、普段は兄と幼馴染を大切に想う、心優しい少女の顔を見せる。

《星杯を戴く巫女》は、レベル2・水属性・魔法使い族の「星杯」通常モンスターです。

イラストアドが半端ではありません。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[19]《星杯に選ばれし者》

《星杯に選ばれし者》
通常モンスター
炎属性/ 星3/ サイキック族/ ATK 1600/ DEF 0
機怪の残骸で武装する、真っ直ぐな心の少年。
星辰の森に古くから伝わる『星の勇者』に憧れており、妖精リースの願いを受けて、光を授かった仲間たちと共に七つの星遺物を解き放つ旅に出る。
“星明かりの勇者 掲げし剣に光を束ね 大いなる闇を討ち祓わん”

《星杯に選ばれし者》は、レベル3「星杯」通常モンスターです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[20]《星杯に誘われし者》

《星杯に誘われし者》
通常モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 0
機怪との戦いに明け暮れる青年。森の周辺に生息する機怪蟲が突然凶暴化した際にも、一歩も引かずに結界への侵入を防ぎ続けた。常に先陣を駆けるその雄姿は森の民を奮い立たせるが、本人はたった一人の妹を守る為だけにその槍を振るっている。

《星杯に誘われし者》は、レベル4「星杯」通常モンスターです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[21]《星杯の守護竜》

《星杯の守護竜》
効果モンスター
ドラゴン族 効果 風 レベル1 ATK 400 DEF 400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

《星杯の守護竜》は、レベル1「星杯」効果モンスターです。

リンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターを無効にする効果と、墓地から除外し墓地の通常モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

「星杯」の重要パーツであることに加え、他のリンク召喚系のデッキでも使えそうなカードです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[22]《星杯の妖精リース》

《星杯の妖精リース》
光属性 レベル2 天使族 ATK/ 100 DEF/2000
このカードの①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地に送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

《星杯の妖精リース》は、レベル2「星杯」効果モンスターです。

召喚・特殊召喚時、「星杯」モンスターをサーチする効果と、墓地から自身を手札に加える効果を持ちます。

使い回せるサーチャーということで、【星杯】デッキの展開をサポートします。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[23]《星遺物-『星杯』》

《星遺物-『星杯』》
闇属性 レベル5 機械族 ATK/0 DEF/0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。
②:通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《星遺物-『星杯』》は、レベル5「星杯」「星遺物」モンスターです。

EXモンスターを破壊する効果、デッキから「星杯」を2体特殊召喚する効果、「星遺物」をサーチする効果を持ちます。

3つの効果が強力で、【星杯】デッキでは中心的な役割をします。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[24]《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》

《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》
レベル4/ 闇属性/ 戦士族/ ATK 1800/ DEF 1200
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、除外したモンスターのレベル×300ダウンする。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》は、レベル4「トワイライトロード」モンスターです。

墓地の「ライトロード」を除外する効果と、「ライトロード」モンスターの効果に連動してデッキのカードを墓地に送る効果を持ちます。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[25]《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》

《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》
星4 闇属性 魔法使い族 ATK/1700 DEF/200
①:1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》は、レベル4・魔法使い族の「トワイライトロード」です。

相手が魔法・罠カードを発動した時、フィールドの魔法・罠カードを破壊する効果を持ちます。

能動的に魔法・罠を破壊できませんが、相手の永続魔法・罠、フィールド魔法を妨害することができます。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[26]《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
星3 闇属性 魔法使い族 ATK/1000 DEF/1000
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》は、レベル3・魔法使い族の「トワイライトロード」です。

手札・墓地の「ライトロード」を除外することで、除外されている「ライトロード」を特殊召喚することができます。

【トワイライトロード】デッキの要で、《ライトロード・サモナー ルミナス》と組み合わせることで、「ライトロード」をフィールドに並べることができます。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[27]《トワイライトロード・ファイター ライコウ》

《トワイライトロード・ファイター ライコウ》
星2 闇属性 獣族 ATK/200 DEF/100
①:このカードが召喚・リバースした場合、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・ファイター ライコウ》は、レベル2・獣族の「トワイライトロード」です。

召喚・リバース時、フィールドのカードを1枚選んで除外する効果を持ちます。

召喚時低い攻撃力を晒してしまいますが、対象を取らない除外効果は非常に強力です。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[28]《戒めの龍》

《戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)》
特殊召喚モンスター
レベル8/ 闇属性/ ドラゴン族/ ATK 3000/ DEF 2600
このカードは通常召喚できない。除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

《戒めの龍》は、「トワイライトロード」の《裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)》です。

除外されている「ライトロード」が4種類以上いる時特殊召喚でき、互いの墓地・除外されているカードを全てデッキに戻す効果を持ちます。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[29]《レスキューフェレット》

k

《レスキューフェレット》
レベル4/ 地属性/ 獣族/ ATK 300/ DEF 100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。レベルの合計が6になるようにデッキから「レスキューフェレット」以外のモンスターを任意の数だけ選び、リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

《レスキューフェレット》は、「リンク召喚」に関する「レスキュー」モンスターです。

自身をデッキに戻し、リンク先にデッキから合計レベル6のモンスターを特殊召喚することができます。

《レスキューフェレット》新規判明・考察!

 

[30]《ランカの蟲惑魔》

《ランカの蟲惑魔》
効果モンスター
星4地属性昆虫族 ATK1500 DEF1300
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「蟲惑魔」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
③:1ターンに1度、自分フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのセットされたカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分の手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

[31]《切れぎみ隊長》

れぎみ隊長たいちょう
効果モンスター
星1/地属性/戦士族/攻 400/守1200
(1):このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

《切れぎみ隊長》は、レベル1戦士族モンスターです。

召喚成功時、墓地のレベル4以下のモンスターを特殊召喚する事ができます。

《切れぎみ隊長》判明・考察:万能墓地蘇生効果!

 

[32]《トレジャー・パンダー》

《トレジャー・パンダ》
地属性/ レベル4/ 獣族/ 効果/ ATK 1100/ DEF 2000
①:自分の墓地から魔法・罠カードを3枚まで裏側表示で除外して発動できる。除外したカードの数と同じレベルの通常モンスターを1体をデッキから特殊召喚する。

 

[33]《ゾンビーナ》

《ゾンビーナ》
地属性/ レベル4/ アンデット族/ 効果/ ATK 1400/ DEF 1500
①:このカードが相手によって破壊された場合、「ゾンビーナ」以外の自分の墓地のレベル4以下のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

[34]《Re:EX(レックス)》

《Re:EX》(レックス)
効果モンスター
星4 光属性 恐竜族 ATK 1900/DEF 1200
(1):このカードがEXモンスターゾーンのモンスターと戦闘を行う場合、ダメージステップの間だけこのカードの攻撃力・守備力は800アップする。

《Re:EX》は、デメリット無しの攻撃力1900・光属性・恐竜族モンスターです。

EXモンスターゾーンのモンスターと戦闘する際、攻撃力が800上がる効果を持ちます。

《Re:EX(レックス)》判明!新規光属性恐竜族!

 

[35]《影星軌道兵器ハイドランダー》

《影星軌道兵器ハイドランダー》
星8 闇属性 機械族 ATK 3000/DEF 1500
このカードは通常召喚できない。
自分の幕地にモンスターが5体以上存在し、 それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚幕地へ送って発動できる。自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、フィールドのカードを1枚を選んで破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

《影星軌道兵器ハイドランダー》は、レベル8・機械族モンスターです。

墓地にモンスターが5体以上存在し、そのモンスター名が全て異なる場合特殊召喚できます。

また、デッキの上から3枚墓地に送り、墓地のモンスター名が全て異なる場合、フィールドのカードを選んで破壊する誘発即時効果を持ちます。

その名の通り、【ハイランダー】デッキ(同じカードを入れないデッキ)で採用できるカードです。

攻撃力も3000と高く効果も強力ですので、【トワイライトロード】などに入れると活躍するかもしれません。

 

[36]《雷仙神》

《雷仙神》
光属性/ レベル7/ 雷族/ 効果/ ATK 2700/ DEF 2400
①このカードは3000LPを払って手札から特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動する。自分は5000LP回復する。

 

[37]《パーリィナイツ》

《パーリィナイツ》
地属性/ レベル6/ 戦士族/ 効果/ ATK 2300/ DEF 2100
①:相手モンスターの攻撃で自分がダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つモンスター1体を特殊召喚する。

 

[38]《覇王眷竜スターヴヴェノム》

《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
闇属性Pモンスター×2
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合に特殊召喚できる。(「融合」は必要としない)
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分または相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同じ、元々のカード名・効果を得る。このターン、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分、相手に戦闘ダメージを与える。

《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》は、レベル8闇属性融合モンスターです。

フィールドの闇属性Pモンスター2体をリリースすることで特殊召喚できます。

また、自分・相手のフィールド・墓地のモンスターの名前・効果をコピーする効果を持ちます。

《覇王眷竜スターヴヴェノム》判明・考察:汎用闇融合モンスター!

 

[39]《覇王眷竜クリアウィング》

覇王眷竜はおうけんりゅうクリアウィング》
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外の闇属性Pモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。 そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):このカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。

《覇王眷竜クリアウィング》は、闇属性・ドラゴン族のレベル8シンクロ「覇王」モンスターです。

S召喚成功時、相手の表側表示モンスターを全て破壊でき、戦闘を行うダメージ計算前に、そのモンスターを破壊し、そのモンスターの攻撃力分のダメージを与える効果を持ちます。

素材に闇属性Pモンスターがは必要ですが、効果は非常に強力です。

「魔術師」をはじめとする「ペンデュラム」デッキに入れておきたいモンスターと言えるでしょう。

 

[40]《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》

《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》
シンクロモンスター
レベル10/ 風属性/ 悪魔族/ ATK 3000/ DEF 2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドに「DDD」モンスターが3体以上存在する場合、このカードの攻撃力は3000アップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》は、レベル10「DDD」シンクロモンスターです。

「DD」モンスターが召喚・特殊召喚成功時、墓地の「DD」を蘇生することができます。

《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》効果判明・考察!

 

[41]《覇王眷竜ダークリベリオン》

《覇王眷竜ダーク・リベリオン》
ランク4 闇属性 ドラゴン族・エクシーズ ATK/2500 DEF/2000
闇属性レベル4のPモンスター×2
①:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力を0にし、その元々の攻撃力分このカードの攻撃力をアップする。
②:自分・相手のバトルフェイズにこのカードをEXデッキに戻して発動できる。自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「覇王眷竜」モンスターまたは「覇王門」モンスターを合計2体まで選んで守備表示で特殊召喚する。

 

[42]《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》

《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》
エクシーズモンスター
ランク6/ 水属性/ 悪魔族/ ATK 2800/ DEF 1800
悪魔族レベル6モンスター×2
①:モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1000アップできる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》は、ランク6「DD」エクシーズモンスターです。

特殊召喚を含む、モンスター効果・魔法・罠カードの発動を無効にし、破壊することができます。

また、フィールドから墓地に送られた場合、「契約書」カードをサーチできます。

《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》効果判明・考察!

 

[43]《ファイアウォール・ドラゴン》

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンクモンスター
光属性 サイバース族 ATK 2500/LINK-4 上/右/左/下
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

《ファイアウォール・ドラゴン》は、LINK4のサイバース族リンクモンスターです。

相互リンク状態の時、自分・相手のフィールド・墓地にカードを手札に戻す効果を持ちます。

自分の墓地のカードを回収する目的でも使えますし、相手ターンにも使えますので、相手の展開を妨害する目的でも使えます。

《ファイアウォール・ドラゴン》解説・考察!相互リンクでバウンス!?

 

[44]《トリックスター・ホーリーエンジェル》

《トリックスター・ホーリーエンジェル》
リンクモンスター
光属性 天使族 ATK 2000/ LINK-2
「トリックスター」モンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、相手に200ダメージを与える。
(2):このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
(3):「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのダメージの数値分アップする。

《トリックスター・ホーリーエンジェル》は、リンク2の「トリックスター」リンクモンスターです。

リンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に200ダメージを与える効果を持ちます。

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[45]《剛鬼ザ・グレート・オーガ》

《剛鬼ザ・グレート・オーガ
リンクモンスター
地属性 戦士族 ATK 2600/LINK-3 右下/下/左下
「剛鬼」モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

《剛鬼ザ・グレート・オーガ》は、リンク3「剛鬼」リンクモンスターです。

右下/下/左下の3つのリンクマーカーを持っています。

モンスターの攻撃力を守備力分さげる効果を持っており、【剛鬼】デッキの中心となるリンクモンスターです。

『剛鬼(ごうき)』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[46]《トポロジック・ボマー・ドラゴン》

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
闇属性/ サイバース族/ リンク/ 効果/ ATK 3000/ LINK-4 (上・左下・下・右下)
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。このターン、このカード以外の自分モンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算時に発動する。その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》は、LINK4リンクモンスターです。

リンク先にモンスターを特殊召喚するとメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する効果を持ちます。

罠モンスターなどをリンク先に特殊召喚すれば、フリーチェーンで《ブラック・ホール》が打てます。

素材指定も緩いため、今後汎用的なリンクモンスターとして活躍しそうです。

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》新規判明・考察!爆発するリンク4!

 

[47]《星杯竜イムデューク》

《星杯竜イムドゥーク》
ドラゴン族 リンク 効果 水 LINK-1 ATK 800
トークン以外の通常モンスター1体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「星杯」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードがこのカードのリンク先の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

《星杯竜イムドゥーク》は、「聖杯」リンク1モンスターです。

トークン以外の通常モンスター1体でリンク召喚できます。

「聖杯」の召喚権を増やす効果を持ち、【聖杯】デッキでは必須カードと言えます。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[48]《星杯神楽イヴ》

《星杯神楽イヴ》
魔法使い族 リンク 効果 水 LINK-2 ATK 1800
種族と属性が異なるモンスター2体
①:リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
②:このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地に送ることができる。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

《星杯神楽イヴ》は、「聖杯」リンク2モンスターです。

種族と属性が異なる2体でリンク召喚することができます。

左右にリンクマーカーを持ち、自身とリンク先を守る効果を持ちます。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[49]《星杯剣士アウラム》

《星杯剣士アウラム》 
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻2000
【LINK-2:左下/右下】
「星杯」モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

《星杯剣士アウラム》 は、リンク2「星杯」リンクモンスターです。

2つ目の効果は蘇生できるモンスターに制限がなく、非常に強力です。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[50]《星杯戦士ニンギルス》

《星杯戦士ニンギルス》
戦士族 リンク 効果 地 LINK-3 ATK 2500
リンクモンスター2体以上
このカードの①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

《星杯戦士ニンギルス》は、「聖杯」のリンク3モンスターです。

リンクモンスター2体以上でリンク召喚することができます。

リンク召喚成功時、リンク先の「聖杯」モンスターの数だけドローする効果と、自分・相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地に送る効果を持ちます。

「聖杯」以外のデッキでもリンク召喚が可能で、強力な除去効果を持っています。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[51]《電影の騎士ガイアセイバー》

《電影の騎士ガイアセイバー》
リンクモンスター【LINK-3:左/右/下】
地属性/ 機械族/ ATK 2600
モンスター2体以上

《電影の騎士ガイアセイバー》は、リンクマーカー左右下のリンク3モンスターです。

素材に縛りはなく比較的簡単にリンク召喚することができます。攻撃力も2600と高めです。

《電影の騎士ガイアセイバー》新規判明・考察!

 

[52]《ミセス・レディエント》

《ミセス・レディエント》
リンクモンスター【LINK-2:左下/右下】
地属性/ 獣族/ ATK 1400
地属性モンスター×2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《ミセス・レディエント》は、リンクマーカー左下右下のリンク2モンスターです。

地属性モンスター2体でリンク召喚することができます。

2体でリンク召喚でき、かつリンクマーカーを2つ持つため、非常に強力です。

「十二獣」を始めとする様々なデッキで活躍しそうなリンクモンスターです。

《ミセス・レディエント》新規判明!汎用リンク2モンスター!

 

[53]《トリックスター・ライトステージ》

《トリックスター・ライトステージ》
フィールド魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。
(3):自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に200ダメージを与える。

《トリックスター・ライトステージ》は、「トリックスター」専用のフィールド魔法です。

発動時「トリックスター」モンスターをサーチでき、「トリックスター」がダメージを与える度に相手に200ダメージを与えます。

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[54]《剛鬼再戦》

《剛鬼再戦》
通常魔法カード
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のレベルの異なる「剛鬼」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《剛鬼再戦》は、墓地の「剛鬼」を2体特殊召喚する「剛鬼」魔法カードです。

リンク召喚につなげつつ「剛鬼」の共通効果も使えるため、【剛鬼】デッキにおいて非常に重要なカードです。

『剛鬼(ごうき)』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[55]《エアークラック・ストーム》

《エアークラック・ストーム》
装備魔法カード
機械族モンスターにのみ装備可能。
①:装備モンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このバトルフェイズ中、装備モンスターはもう一度だけ攻撃できる。この効果を発動するターン、装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 

[56]《スマイル・ユニバース》

《スマイル・ユニバース》
速攻魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できず、自分のモンスターは攻撃できない。
①:自分のEXデッキから表側表示のPモンスターを可能な限り特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。その後、この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力の合計分だけ相手のLPを回復する。

 

[57]《星遺物との邂逅》

《星遺物との邂逅》
[フィールド魔法]
①:フィールドの「星杯」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「星杯」モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「星杯」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《星遺物との邂逅》は、「聖杯」専用フィールド魔法です。

「聖杯」の攻守を上げる効果と、「聖杯」が相手によってフィールドから離れた場合、墓地から「聖杯」を特殊召喚する効果を持ちます。

最近のフィールド魔法にしては控えめな効果です。

【聖杯】デッキでは必須とは言えなさそうです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[58]《星遺物の加護》

《星遺物の加護》
魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
②:自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

《星遺物の加護》は、「聖杯」専用の魔法カードです。

墓地のカード名が異なる「聖杯」モンスターを2体手札に加えることができます。

《闇の量産工場》は違い効果モンスターも手札に加えるため、非常に使い勝手が良いです。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[59]《闇の進軍》

《闇の進軍》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、自分のデッキの上からカードを除外する。

《闇の進軍》は、「ライトロード」専用の通常魔法カードです。

墓地の「ライトロード」モンスターを手札に加え、レベル分のカードをデッキの上から除外する効果を持っています。

 

[60]《黄昏の双龍》

《黄昏の双龍(トワイライト・ツイン・ドラグーン)》
通常魔法
(1):自分フィールドに「戒めの龍」が存在する場合、自分の墓地の「裁きの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「戒めの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

《黄昏の双龍》は、「ライトロード」専用の魔法カードです。

フィールドに《戒めの龍》が存在する場合、墓地に《裁きの龍》を手札に加えることができます。

また、「ライトロード」の効果でデッキから墓地に送られた場合、デッキの上から4枚除外する効果も持ちます。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[61]《緊急救急救命レスキュー》

《緊急救急救命レスキュー》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。デッキから攻撃力300/守備力100の獣族モンスター3体を相手に見せ、相手はその中から1体選ぶ。そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

《緊急救急救命レスキュー》は、「レスキュー」モンスターをサーチする魔法カードです。

「レスキュー」3枚を見せる必要はあるため、「レスキュー」モンスターを2種類以上使うデッキで使えそうなカードです。

《緊急救急救命レスキュー》判明・考察:「レスキュー」をサーチ!

 

[62]《ルドラの魔導書》

《ルドラの魔導書》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

 

[63]《鈍重》

《鈍重》
速攻魔法カード
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時までそのモンスターの守備力分ダウンする。

 

[64]《ブーギートラップ》

《ブーギートトラップ》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
①:手札を2枚捨て、自分の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたカードはそのターンでも発動できる。

《ブーギートトラップ》は、手札2枚を捨て墓地の罠カードをセットする魔法カードです。

罠バージョンの《魔法石の採掘》として、汎用性は高そうですが、少しコストが重いです。

 

[65]《キャッスル・リンク》

《キャッスル・リンク》
フィールド魔法
①:1ターンに1度、自分メインフェイズにフィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの位置を、そのモンスターのリンク先のメインモンスターゾーンに移動する(そのモンスターから見て相手のフィールドには移動できない)。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分のメインモンスターゾーンのリンクモンスター2体または相手のメインモンスターゾーンのリンクモンスター2体を選び、その位置を入れ替える。

《キャッスル・リンク》は、「リンクモンスター」に関するフィールド魔法です。

「リンクモンスター」の位置を移動させる効果を持ちます。

《キャッスル・リンク》新規判明!「リンクモンスター」を移動させる!

 

[66]《ディフェンスゾーン》

《ディフェンスゾーン》
フィールド魔法
①:以下の効果はお互いのプレイヤーに適用される。
●自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在する場合、同じ縦列の魔法&罠ゾーンのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

[67]《スリーストライク・バリア》

《スリーストライク・バリア》
通常罠
(1):相手フィールドのカードが3枚のみの場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。
●このターン、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
●このターン、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与える度に、その数値分だけ自分のLPを回復する。

《スリーストライク・バリア》は、相手フィールドのカードが3枚のみの場合、発動できる罠カードです。

効果を選択し、1ターンの間自分を守ることができます。

ただ、このカードを使うのであれば、《和睦の使者》《威嚇する咆哮》などを使ったほうがいいかもしれません。

 

[68]《トリックスター・リンカーネイション》

《トリックスター・リンカーネイション》
通常罠カード
①:相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《トリックスター・リンカーネイション》は、「トリックスター」罠カードです。

相手の手札を全て除外し、その枚数分ドローさせる効果と、墓地から除外し「トリックスター」を蘇生する効果を持ちます。

1つ目の効果は「トリックスター」とは関係なく、【デッキ破壊】と相性が良さそうです。

2つ目の効果も単純な蘇生効果として強力です。

『トリックスター』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[69]《パルス・ボム》

《パルス・ボム》
罠カード
自分フィールドの機械族モンスターが存在する場合に発動できる。相手フィールドに攻撃表示モンスターが存在する場合、そのモンスターを全て守備表示にする。ターン終了時まで、相手フィールドにモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスターは守備表示になる。

 

[70]《覇王の逆鱗》

《覇王の逆鱗》
(1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合に発動できる。「覇王龍ズァーク」以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊し、自分の手札・デッキ・EXデッキ・墓地からカード名が異なる「覇王眷龍」モンスターを4体まで召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「覇王眷龍」Xモンスター1体を対象として発動できる。自分の墓地のモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「覇王眷龍」モンスター2体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

[71]《星遺物の導き》

《星遺物の導き》
通常罠
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスター1体を除外し、自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

《星遺物の導き》は、「聖杯」専用罠カードです。

「星遺物」モンスターを手札orフィールドから除外し、墓地のモンスターを2体特殊召喚することができます。

蘇生するモンスターには制限がありませんので、「星遺物」とともに出張できるかもしれません。

『星杯(せいはい)』デッキ:カード効果まとめ+解説・考察!

 

[72]《トワイライト・イレイザー》

《トワイライト・イレイザー》
通常罠
(1):自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

《トワイライト・イレイザー》は、「ライトロード」専用の罠カードです。

自分フィールドに同じ種族+カード名が異なる「ライトロード」モンスターが存在すれば、相手カードを2枚除外できる効果と、「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地に送られると、手札から「ライトロード」を特殊召喚できます。

『トワイライトロード』デッキ:カード効果まとめ+考察!

 

[73]《黄昏の交衣》

《黄昏の交衣》(トワイライト・クロス)
通常罠
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。自分の墓地の「ライトロード」を任意の数だけ選んで除外し、対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時までこの効果で除外したモンスターの数x200アップする。
②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。このターン自分フィールドの「ライトロード」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

 

[74]《暗黒界の洗脳》

暗黒界あんこくかい洗脳せんのう
永続罠
(1):自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスターの効果が発動した時、 フィールドの「暗黒界」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。 対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、 その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」となる。

《暗黒界の洗脳》は、「暗黒界」永続罠カードです。

相手のモンスター効果を、「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」に変更させることができます。

《暗黒界の洗脳》収録判明!ターン制限がない!?

 

[75]《絶縁の落とし穴》

《絶縁の落とし穴》
通常罠
①:リンクモンスターがリンク召喚に成功した時に発動できる。フィールドのリンク状態ではないモンスターを全て破壊する。

《絶縁の落とし穴》は、「リンクモンスター」に関する「落とし穴」罠カードです。

「リンクモンスター」召喚時、リンク状態でないモンスターを全て破壊します。

《絶縁の落とし穴》判明・考察!リンクモンスター以外全破壊!

 

[76]《砂塵の大嵐》

《砂塵の大嵐》
通常罠
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

《砂塵の大嵐》は、フィールドの魔法・罠カードを2枚も破壊できる罠カードです。

発動ターン自分はバトルフェイズは行えませんが、相手ターンに発動すれば問題ありません。

《ツインツイスター》とはコストがない点で勝っています。

 

[77]《戦線復帰》

《戦線復帰》
罠カード
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《戦線復帰》は、墓地のモンスターを守備表示で特殊召喚する通常罠カードです。

《リビングデットの呼び声》の相互互換であり、汎用罠カードだと言えます。

《戦線復帰》判明・考察!汎用蘇生罠カード

 

[78]《無償交換》

《無償交換》
カウンター罠
①:相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。相手はデッキから1枚ドローする。

 

[79]《無差別崩壊》

《無差別崩壊》
通常罠
①:サイコロを2回降る。でための合計よりレベル・ランクの低いフィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

 

[80]《変則ギア》

《変則ギア》
通常罠
①:自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。相手プレイヤーとジャンケンを行う。引き分けの場合はジャンケンをやり直す。負けたプレイヤーはその戦闘を行う自身のモンスターを裏側表示で除外しなければならない。

 

SPONCERD LINK

 

まとめ

切り込み隊長

いかがだったでしょうか。

「コードオブザデュエリスト」の収録カード一覧を画像・効果付きでまとめておきました。

商品情報・予約情報もまとめています。

新たな情報が出るたびに随時更新していきます。

それでは、またお会いしましょう。

 

「コードオブザデュエリスト」についてはこちらもおすすめです。

「コードオブザデュエリスト」初動相場ランキング!当たりはどのカード!?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」買取価格まとめ!いくらで売れる?

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」は買うべき?おすすめ当たりカード・テーマ紹介!

「コードオブザデュエリスト」の最新情報

 

その他パックの収録カード一覧はこちらです。

最新情報まとめ:最新パック・ストラクの収録カード一覧

「コレクターズパック2017」収録カード一覧

「スターターデッキ2017」全収録カード一覧

「20thアニバーサリーパック2nd wave」全収録カード一覧

「ストラクチャーデッキR -恐獣の鼓動-」全収録カード一覧

「マキシマムクライシス」収録カード一覧

 

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の予約はこちら

コード・オブ・ザ・デュエリスト

コード・オブ・ザ・デュエリスト(Amazon)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(駿河屋)

コード・オブ・ザ・デュエリスト(楽天市場)

SPONCERD LINK

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
  • ◆ 遊戯王相場・高騰情報まとめあんてな
    koto

    ◆遊戯王最新情報・デッキ考察あんてな
    遊戯王アンテナ

  • 切り込み隊長

    このサイトの管理人。

    遊戯王の情報を調べるのが好きで、毎日ブログ・wiki・youtubeを見まくっています。

    このブログでは、集めた遊戯王の情報をまとめて、テーマの特徴・デッキの作り方・大会デッキレシピなどを中心に書いています。

    好きなカードは《切り込み隊長》。好きなデッキは「ライトロード」と「剣闘獣」です。

  • 広告枠

    広告をご掲載いただける企業・個人の方を募集しています。(実績あり)

    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

PAGE TOP ↑